2005年11月19日

イギリスパン

イギリスパンみかさんのレシピの、リーンな生地とリッチな生地を作ってみたら、今度は食パンが食べたくなったので、イギリスパンのレシピを試してみました。

最強力粉はなかったので、全部強力粉で作りました。今度作るときは、最強力粉を仕入れてきます。

型から出した全体の写真を撮る前に食べてしまったので、とりあえず朝食の様子だけ写真をとりました。

イギリスパンが上手に作れるようになったら、かなりごきげんだわー。これから何回も焼いて練習しよーっと。
posted by ほうだい at 12:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

天使のパン

天使のパン前回のバラのパンと同じ型を使っていますが、パンの成形のやり方が違うので、全然違う印象になってますね。

なるべく焼き色を付けないように焼いたのですが、すこーし色が付いてます。

このパンも、オーブントースターで温めて、板チョコをはさんで食べてしまいました。んまかったー。
posted by ほうだい at 16:23| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

バラのパン

バラのパンみかさんのレシピです。みかさんのHPでこのパンの写真を見たときは、一体どうやって型に入れるとこうなるのかなー?と思いましたが、作り方を本で見て納得しました。

本当に一枚一枚、花びらのようにはがれるんですよね。おもしろいなぁ。はがしながら食べると、あっという間になくなってしまいます。
posted by ほうだい at 16:19| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

黒胡麻パンばっか

黒胡麻パンばかりを焼いてみました。
レシピはやっぱりみかさんです。
最近は、みかさんのレシピばかりです。
うまく焼けてきたので、会社の先輩に持っていきました。

黒胡麻パン1これは家で食べました。胡麻がたっぷり入っていておいしいです。クープも、だんだん開いてくるようになりました。もう少ししっかりと焼き色がついていた方がおいしそうなのではないか?と思い・・・




黒胡麻パン2次に焼いた時に、オーブンの温度を上げたか、焼き時間を長くしたか忘れましたが、しっかりと焼いてみました。でも、なんかー、黒胡麻が浮いちゃって、写真で見るとなんだか怖い・・・。黒胡麻が虫に見える・・・。やっぱり、レシピ通りにしてみよう・・・。



黒胡麻パン3ってなワケで、レシピ通り焼いてみました。やっぱり、このパンはあんまり焼き色しっかり付けない方がいいかもしれない。人それぞれ好みだけど。この回は、あんまりパンが膨らまなかったのです。実は。1次発酵が足りなかったのかもしれません。待ちきれなくて、「これくらいでいいやー」と、1次発酵を少し足りなくらいで終わりにしてしまいました。こういうことすると、後々まで影響してくるのね・・・。

大雑把にやっていいところと、きちんと押さえておかなくてはいけないところ、というのがあるんだろうか?

それにしても、この黒胡麻パンはおいしいです。半分に切ってハムやチーズをはさんでサンドイッチにして食べてるのもおいしいし、スライスしてオーブントースターで焼いてから食べると、サクサクしていいんだよなあー。また食べたくなってしまった・・・。
posted by ほうだい at 22:56| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

牛乳食パン

牛乳食パンこれは、10月初めに焼いていた牛乳食パンです。たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピのレシピ参照です。これは、100均で買ったパウンド型を使いました。焼いてみると、側面に焼き色が付いてませんねぇ。こういうものなのかしら?今回は、プレゼントできるように、かわいい袋に入れてみました。

牛乳食パン2←こんなかんじで。下の小さい方の袋は、リーンなパンを入れました。
posted by ほうだい at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月15日

リーンなパンばっかり。

051002リーンなパン.jpgリーンなパンを練習しようと、何回か挑戦しました。レシピは、たかこさんの本です。そのたびにうまく焼けませんが(泣)。ずっと更新してなかったのですが、今日は、まとめて記事書いちゃいます。

これは10月2日に焼いたリーンな生地のパンです。成形を丸パンと、長細いパンの2種類にしました。

なんだか、やっぱりダメです。膨らまない。何がいけないんでしょうか?

051008白神リーンなパン.jpg10月8日に焼いたパン。訳がわからなくなってきたので、白神こだま酵母を使いました。レシピのインスタントドライイーストを白神こだま酵母小さじ1に替えました。

で、1次発酵を、冷蔵庫に入れてやりました。「白神こだま酵母は冷蔵発酵が出来る」って、どこかで読んだので、その実験もかねてやってみました。

夜のうちに捏ねておいて、ボールに丸めて入れて、乾燥防止のためラップをして、冷蔵庫に入れておくだけ。翌朝見てみたら、少し膨らんでいました。それを分割して成形して、2次発酵させました。こんな方法でいいのか分かりませんが。冷蔵庫に入れておいたため、生地が冷たいので、本当は2次発酵させる前に何かしておいた方がいいのかもしれないのですが、今回は実験なので、とりあえずこの方法で。

焼きあがったら、いつもとあまり変わりません。やっぱり膨らみが足りない・・・。白神こだま酵母の独特な香りがしました。食べるときは問題ありません。それにしても、どうすればあんなにおいしそうに膨らむんだろうか?クープを入れたら、そのままバックリと切れ目が残ってます。みかさんの本の写真を見ると、切れ目を入れたところもプーッと膨らんでるのに。一体どうすればいいの・・・。


051015リーンなパン1.jpg051015リーンなパン2.jpg


051015リーンなパン3.jpg051015リーンなパン4.jpg

今日も焼きました。リーンな生地のパン。やっぱりみかさんの本を参考に。今日は、ドライイーストをパネトーネマザーを大さじ1弱に替えてます。あ、強力粉も、すこし国産小麦を入れてます。だから、水は少なめでいい(らしい)ので、水を入れる際に大さじ1くらい残しておいて、生地の固さを見ながら水の量を加減しました。

今日は、捏ね方を変えました。いつもは、ボールの中で生地を押しては折りたたむように捏ねていました。最初から最後まで、ボールの中で捏ねてました。今回は、台の上に出して、つまり本の通りに捏ねました。だけど、後でよく読んでみたら、ある程度捏ねたらその後は「両手で包み込むように」生地を捏ねるんだったみたいです。乾燥しないように。ま、いっか。

1次発酵に約1時間。6つに分割して丸くして2次発酵に入ります。
クープを入れるときに、刃を「引くように」動かしました。すると、いつもよりもスパッと入りました。あー、こんな感じで入れるのかぁ。

焼き上がりを見たら、今までで一番いい出来でした!
だいぶ膨らんでます。あと一歩というところまで来たかもしれない。うれしくなって、写真をいっぱい撮ってしまいました。だから似たような写真を載せちゃいます。
posted by ほうだい at 23:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月24日

イギリスパン

イギリスパンイギリスパン2

昨日の夜、突然パンが焼きたくなって、イギリスパンを焼いてみました。
9時半くらいから取り掛かりました。
レシピは、たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピを参考にしました。
ドライイーストが、もうなくなってしまったので、
今回はパネトーネマザーを使いました。
分量はー、えーっと、大さじ1くらいかなー、あれー?忘れたー。
あ、最強力粉もないので、その分は強力粉で作りました。

いつもは、強力粉200gで作るのですが、このイギリスパンは300gなので
いつもより力を入れて捏ねました。

1次発酵が終わって、成形するかーと思ったら、
この後に「丸めなおし、もう一度2倍くらいの大きさになるまで発酵させる」
と、レシピにあるではないですか!!
早く寝たいから、とっとと終わらせたいのにー・・・
と、思いながら、もう一度発酵させました。
でも、思ったより時間がかかりませんでした。

生地を2つに切り分けてから、丸めて型に入れました。
ちょっと、大きさが違うようですが、ま、いっか。

180℃で30分ほど焼きました。
焼きあがったのは1時半・・・
すぐに型から取り出し、布巾をかけてそのまま放置。
疲れたのですぐ寝ました。

それで、今朝写真を撮り、朝食に食べてみましたよ。
中は、シットリ、もっちりしてましたよ。
しっかり焼いてるせいなのか、皮は噛み応えがありました。
今日はそのまま食べましたが、トーストしてもおいしいだろうなぁ。

posted by ほうだい at 11:15| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

牛乳食パン

牛乳食パン今日は、たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピの牛乳食パンを焼きました。

リッチな生地を使い、パウンド型に入れて焼きます。
砂糖は、三温糖を使いました。

いつも使っているパウンド型に入れたのですが、
なんだか隙間だらけ。
なので、もう少し細長いパウンド型に入れ替えました。
こちらの方がピッタリ。

今日は時間もあったので、ゆっくり発酵を待ちました。
2次発酵は、型から1cmくらいパンの頭が見えたら終了。

結構しっかり焼き色が付きました。
少し冷めてからスライスして試食したら、
ほんのり甘くて、しっとりしていて、
とても優しい味でした。
これなら、何回でも作りたいです。
今日はおいしく焼けたー!
posted by ほうだい at 22:49| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月10日

リーンな生地

リーンな生地夜だったのですが、パンが焼きたくなって作りましたよ。たかこさん&みかさんの毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピの、リーンな生地のパンを作りました。

生地を捏ねる時に、やさしく、あまり力を入れすぎないように、肩をもむように、捏ねてみたんです。それから1次発酵。ここまではいい調子。

6つに分割して丸く成形。2次発酵に入ります。乾燥しないように、固く絞った布巾をかけるのですが、私、キッチンペーパーを少し濡らしたものをかけました。これが間違い。

2次発酵が終わったので、ペーパーをはずしたら、しっかりパンの頭にくっついてしまいました。泣く泣くはがしてとりましたが、なんとなくパンがしぼんだような気がします…。

1本クープ(切り込み)を入れて、バターを小さくカットしてこのクープにのせます。
190℃で10分焼きました。オーブンは、開けた途端温度が急激に下がるということだったので、200℃に予熱をセットしておいて、予熱が出来て、パンを中に入れたら190℃にセットしなおし、10分焼きました。

ところがですよ。全然膨らまないの。やっぱり、2次発酵のペーパーが失敗の元かなぁ。レシピの写真を見ると、見事にクープが開いて、それはそれはおいしそうなんですよ。私のパンは、ちーっとも開きませんでした。

ちょっと試食したら(夜の11:30ですよ。汗)中は、しっとりしてました。外の皮は、なんだかなぁ、これでいいのかなぁ、という感じでした。あんまりパリッとはしてません。なんだかなぁ…。

最近、気合いを入れて作る割りに失敗するので、凹みます。
posted by ほうだい at 00:14| ☔| Comment(5) | TrackBack(0) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月05日

食パン(初・白神こだま酵母)

食パン食パン2

この間の土曜日に、はるゆたかブレンドと白神こだま酵母で
食パンを焼きました。
どんな食パンが出来上がるのか楽しみで
わくわくしながら取り掛かりました。

参考にしたのは、「白神こだま酵母でパンを焼く」大塚せつ子著です。

この白神こだま酵母は、パンをこねる時に使うぬるま湯を少し混ぜて
酵母を溶かしてから使うようです。

酵母の袋を開けた途端、独特の香りがしました。
この酵母が、どんな風に働いてくれるのかなー。

使う材料はとてもシンプルで、
強力粉、白神こだま酵母、砂糖、塩、水だけです。

こね始めると、なんだか生地が硬めです。
それでも頑張ってこねてから、5分の「相談タイム」です。

「相談タイム」とは、生地を丸めて、乾燥しない様にボールをかぶせて
5分放置しておくことです。
こうすると、生地がしっとりするそうです。
(本当にしっとりしてた!)

その後さらに10分こねます。
ところがですね。
生地の状態が、10分こねてもボッコボコです。(汗)
何か、いつもと違うんですけど。
大丈夫でしょうか???

でも、一向に生地がなめらかにならないし、疲れてきたので(!)
10分こねたところで、1次発酵に入りました。
室温30℃のところに約1時間置きました。

発酵後も、生地はボッコボコでした。
仕方ないので、そのまま2等分して、
ベンチタイム15分の後、
丸く成形→型に入れました。
乾燥しないようにラップをして、
2次発酵に入ります。

室温30℃で約90分置きました。
でも、あまり膨らまない・・・。
まぁ、焼いてる内に、さらに膨らむだろうと思い
そのままオーブンに入れて焼きました。

150℃で10分、160℃で15分、180℃で15分焼きました。
(レシピでは150℃ではなく、140℃で10分でしたが、
オーブンの温度設定に140℃がなかったので、150℃で焼きました。)

焼けたパンを型から出してみたら、あんまり膨らんでいませんでした。
色はおいしそうですが。
試しに切ってみると、耳が硬くてなかなか切れません。
ガリガリ音をたてながら切ってみると、
中はしっとりしているようです。
少し目が詰まったようなかんじにも見えます。

食べてみると、やわらかいけれど、すごく噛み応えがあります。
これって、もっちりしてるってことかしら?
味はおいしかったです。

初めての白神こだま酵母でしたが、
期待していたようには作れませんでした。
正直、がっかりした。

もっちりしてるのはいいのですが、
もう少し膨らまないかなぁ。
焼きあがったパンを持ったら、大きさの割りに
ズシッと重かったんです。
これで完成ではないと思う。
もうちょっと、どうにかなるんじゃないかなぁ。

そんな訳で、納得いかなかったので
もう1つ作りましたー!!!
今度は、「ソフトフランス」の生地です。
でも、これは1次発酵の後、生地を冷凍しました。
この本に「生地冷凍できる〜るるる〜」
って書いてあったんですもん。

っていうか、パンばっかり焼いちゃっても
保存料も一切入ってないから
食べきらないうちにカビ生えちゃうもん。
っていうか、もう疲れちゃったんだもん。
パンを焼くパワーが残ってなかったんだもん。

という訳で、今度冷凍した生地を自然解凍して
焼いてみたいと思います。

しかし、自然解凍に2時間半くらいかかるらしいのですが、
平日の朝からこんな大仕事できません。

私の出勤時間は8時。朝食を7時30分頃食べるとして、
「朝食に、焼きたてソフトフランスを頂こうかしら?」
なんて、ふと思っちゃった場合。

解凍・・・2時間半
ベンチタイム・・・15分
成形・・・10分
2次発酵・・・1時間
焼き時間・・・20分
合計・・・4時間15分

っちゅうことは、朝食のために私は
3時15分に起きて、パンを仕込む・・・。

仕込める?
posted by ほうだい at 21:37| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | シンプルなパン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。